走る、経営コンサル。

HOME > 組織再編

組織再編

グループの企業価値向上を目指して

“組織は戦略に従う”という言葉があります。単体企業であってもグループ会社であっても、自らの戦略に合った組織を検討、構築すべきです。 例えば、

  • 複数の事業を行っている場合、事業ごとに分社化して経営効率を上げたり経営責任を明確化したり、
  • 製造部門と営業部門を分け、それぞれ別の給与体系にすることにより、各事業部門を活性化したり、
  • 拡大、強化する事業と、撤退、縮小すべき事業を整理し、前者には経営資源を投下し、後者は外部に売却したり、
  • 持株会社を作ることにより、グループ全体の経営効率を上げたり、

グループとして戦略に合った組織再編を行うことによりグループ全体の経営効率や企業価値の向上を図ることができます。

 組織再編の手法としては、合併、株式取得、会社分割、株式交換、株式移転、事業譲渡、現物出資等があり、それを効果的に組み合わて使うことが多いのですが、ここで留意すべきは、税務や労務、法律上の問題です。十分な検討がなされないまま実行すると、過大な税金がかかったり、労務上の問題が生じたり、無用な混乱が生じたりします。安全かつ効率的に組織再編を行うために、是非、当社に御相談ください。

副次的効果も

当初の“グループ経営の効率化”の目的を果たす以外に、組織再編を検討する過程で、以下のような副次的な効果を引き出すこともできます。 例えば、

  • 持株会社の設立がオーナー様の自社株対策になった。
  • グループの複雑な持株関係が整理された。分散していた株が整理できた。
  • 含み損益の有効活用ができた。
  • 財務も改善され、銀行対策になった。

など、会計、税務、相続面での効果も期待できます。

コスモスコンサルティングの組織再編

  • 会計、税務、法務等の観点から最適な組織再編案を提供
  • 実務、実務に即した指導

当コスモスグループでは、10年以上前からグループの組織再編、事業再編に注力しています。会計・税務の専門家として多くの再編案件に関与した経験を活かしつつ、必要に応じて他の分野(法務等)の専門家と協業して、クライアントのために最適なソリューションをお届けしております。また、再編の実行、実務についても、煩雑にならないよう、混乱が生じないよう十分に考慮するとともに、現場に入り具体的な指導も行っています。

組織再編の案内人

野田陽子

組織再編の案内人

出口元気

主な実績

<グループ事業内容> <目的・効果/具体的手法>
建設事業 持株会社構築&事業整理/株式交換、合併、自己株買い等
清掃関連事業 持株整理、事業整理/株式交換、合併、自己株買い等
美容関連事業 持株会社構築&事業整理/株式交換、合併等
通信関連事業 持株会社構築&事業整理/会社分割等
ペイント塗料関連製造 事業整理/会社分割、合併等
アパレル関連事業 事業整理/合併、事業譲渡等
広告関連事業 持株関係整理/株式譲渡、自己株買い
福祉関連事業 持株会社構築&事業整理/株式移転、会社分割、自己株買い等
建設事業 事業整理/株式譲渡、合併、事業譲渡等
教育関連事業 持株会社構築&事業整理/株式移転、会社分割、合併等

是非お気軽にご相談ください。

関連項目

ページトップ